敏感肌のニキビやアトピーで肌が弱い人はメイクのBBクリーム(化粧下地)選びも大変ですよね。どんなに肌に優しいbbを選んでも敏感肌を繰り返して改善できずにいませんか?BBクリームでかゆみや赤みが出ちゃうのは選び方を間違えているから!敏感肌用bbクリームの選び方を改善しましょう!


攻防一体型タイプ

肌に刺激となる成分を抑え、外部刺激から肌を守りながら根本的な「敏感肌の改善」にも目を向けたタイプ。肌にやさしいだけではなく肌のケアも考えて作られているので最も敏感肌の改善に効果的なタイプのBBクリーム。

付加価値優先タイプ

敏感肌ケアよりも、UVケアなどの付加価値に重点を置いたタイプ。 成分が肌に合えば効果が期待できるので健常肌にはいいが敏感肌には刺激となり肌荒れを繰り返すことも。敏感状態の肌改善にはならない。

成分レスタイプ

敏感肌用といわれる多くのBBがこのタイプ。 敏感肌に刺激となる可能性がある成分を配合せず、肌への優しさにこだわって作られているが、肌に優しい&一時的に潤いを与えたりするだけなので敏感肌の根本的な肌の改善は望めない

ディセンシア アヤナスBBクリーム

安全性の高い原材料(成分)で作られているアヤナスBBクリーム。仕上がりの良さや保湿力の高さも魅力ですが、アヤナス最大の特徴は敏感な肌を美肌に導くところ。悪化の原因であるアレルゲンなどの刺激をブロックし、セラミドを含む美肌成分で肌内部を修復。肌が美容成分を受け取りやすいように整えてからアンチエイジングや美肌成分を届けるので最も効果的に敏感肌を改善し美肌に導いてくれます。

ラロッシュポゼBBクリーム

女性皮膚科医 友利新先生オススメのラロッシュポゼ。敏感肌対応で、SPF50 PA++++と紫外線対策に注力しているBBクリーム。ただし、ノンケミカルではないので敏感肌の中でも肌が強い人ならいいのですが、紫外線吸収剤などに炎症を起こしてしまう人に対しては不向きです。紫外線対策がメインなので、肌の保湿や改善にはならず敏感肌の改善にもならないのが残念。

桜花媛BBクリーム

安全第一で無添加にこだわって作られている桜花媛BBクリーム。 肌につけても刺激にならないように、なだめるタイプのBBクリームなので肌への負担は軽いのが特徴。 肌への優しさにはこだわっているものの敏感肌を改善する機能はないので肌状態は敏感肌の現状を維持。カバー力などのファンデーションとしての機能は他のものより劣るので下地として考えて使うべきかも。


『敏感肌のBBクリーム=無添加が1番』と思っていませんか?
確かに肌への刺激が少ないのは大切なことですが、それだけではただ刺激を与えていないというだけで敏感肌を改善させる事にはつながりません。敏感肌を根本から改善して正常な肌へと導いてくれるケアが必要です。
しかも「BBクリームで」というのが重要なポイント。

敏感肌の大敵である外部刺激(乾燥・紫外線・花粉・排気ガスなど)は日中が最も注意したい時間帯です。その日中にメイクをしている状態でも敏感な肌を外部刺激から守り、さらにきちんと刺激に負けない肌へと改善してくれる高機能なBBクリームが最適というわけです。

肌への刺激を抑えているのはもちろん、肌質改善にも着目したBBクリームを選ぶことで、ボロボロだった敏感肌から触りたくなるようなハリと弾力・透明感のある美肌に近づけますよ。

バリア膜と潤いで肌の再生を助ける

つけた瞬間ぴったり肌に密着してバリアの膜を作りアレルゲンや外部刺激の付着・侵入を圧倒的にブロック。 また、敏感肌が不足しがちなセラミドをきちんと補えるように美容成分を包んだナノサイズのヒト型セラミドのカプセルを配合しています。 通常のセラミドよりも浸透力、美肌力に優れたセラミドが角層の隅々や奥深くまで潤いで満たし、肌表面のバリア膜が蓋の役割をすることで本来持っている肌機能を高めてくれます。

炎症を起しにくい肌作り

バリア機能が弱い敏感肌は外部刺激を受けると肌内部で微弱な炎症を起こします。炎症が起こると酵素によりコラーゲンが破壊され肌の老化も進んでしまいます。 そんな微弱炎症を防ぐため、アヤナスは抗酸化・抗炎症に優れた「コウキエキス」をさらに効果が高くなるように抽出し配合しています。炎症物質の放出を防ぎ、刺激が体内に入っても炎症が起きにくい肌そして美容成分の効きやすい肌にしてくれます。

ハリ・弾力UPの綺麗な肌へ

肌の奥でハリ・弾力を司る真皮のコラーゲンも敏感肌のままでは破壊されやすくシワやたるみの原因に。 しかしコラーゲンは配合するだけでは肌に浸透できないため、アヤナスではコラーゲンを生み出す繊維芽細胞を活発にする独自成分「CVアルギネート」を配合する事で、無添加時に比べて170%ものコラーゲン増加に成功。海藻の粘度成分由来で効果も安全性も高い成分により、たくさんのコラーゲンが作り出されハリと弾力のある綺麗な肌に導いてくれます。




肌が弱い人がやっておきたいおすすめの肌のお手入れ方法

敏感な肌の方が使えるbbクリームを使いながらも普段の生活で気をつけていきたいことを紹介していきます。敏感肌やアトピー持ちの方はすでに自分の肌のお手入れ方法は熟知しているかと思いますが、とにかく肌への刺激をなるべく避けた生活やキチンとした食生活を心がけることをおすすめします。そうすることで肌の状態は変わっていき刺激を受けにくい体質へも変化していきます。今では無添加やなるべく添加物を含まない食材など身体にいい食品や敏感肌用化粧品が手に入りやすくなっています。ただ品数が増えた分どれが一番いいのか迷ってしまうというデメリットもあります。BBクリーム同様肌に負担なく使えるものが選びやすいようにわかりやすく紹介されているものを購入するよう気をつけましょう!水を変えるだけでも肌の調子が良くなったりと少しずつの積み重ねが肌にいい環境を作ってあげられるものです。
肌に優しいだけで選ぶな!【敏感肌BBクリーム】人気3種ガチバトルについて
敏感肌やアトピー肌の人にとって、毎日の化粧品選びは重要です。しかし化粧品の種類は多くあれど、なかなか肌に合うものに出会えずに困っている女性が、意外に多いのです。いったんトラブル肌になると回復までに時間がかかるので、仕事にも差し支える可能性がありますので、お試しにも慎重にならざるを得ません。かと言って仕事は休めず、化粧も全くしないでいると、肌の老化が加速します。そんな中、BBクリームが敏感肌やアトピー肌の女性の間で脚光を浴びています。これは、美容液や日焼け止め、化粧下地にファンデーションの機能が1本にまとめられているものです。もともとは、ピーリングなどの皮膚科手術などで炎症を起こした際に、炎症をおさえ、肌を保護するための美容クリームとしての役割を果たしていました。ですから肌に優しく、しかもカバー力に優れているので、たった1本で手間もかかりません。お試しをするにも、1本で済むので気持ちが楽です。エイジングケアに有効な美容成分もたっぷり入っているので、敏感肌やアトピー肌で、シミ・シワ・くすみ・たるみなどの悩みがある忙しい女性には、うってつけの化粧品だと言えるでしょう。特に40歳代以降で肌に合った化粧品になかなか出会えず悩んでいる女性は、BBクリームを一度試してみる価値大いにありです。BBクリームにも種類がたくさんありますが、他のものと比べると、本来肌荒れ状態でも肌を整える役割があるので、お試しもしやすいでしょう。